たつの市社会福祉協議会とは

 社協(しゃきょう)とは、社会福祉協議会の略称で、住民主体の原則に基づき、地域が抱えている種々な福祉課題を地域全体の課題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、活動を計画し、協力して解決を図っていくことを目的として活動しています。
  それらの活動をとおして、福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進をめざす社会福祉法(第109条)に基づいた民間の福祉推進団体です。
  全国、都道府県、市区町村の各単位に設置され、地域に暮らす住民、ボランティア福祉施設関係者などが連携・共同し、行政とも協働しながら地域福祉を推進しています。 たつの市社会福祉協議会は、平成17年11月1日、旧龍野市・新宮町・揖保川町・御津町社会福祉協議会が合併し誕生しました。
  たつの市社会福祉協議会は、次の基本理念、活動目標を掲げています。

 

 「ささえあい、たすけあいの心を育み、すべての住民が安心して暮らせるまちづくり」

 

(1) 主役は住民を基本に住民活動(小地域福祉活動、ボランティア活動等)を尊重し支援しています 。
(2) 住民の福祉ニーズを的確にとらえ、福祉サービスを開発・推進します。
(3) 地域安心拠点づくり(ふれあいサロン、ミニディサービス、子育てひろば等)を進め、自立生活を支援します。
(4) 社協組織の効率化と合理化を図り、安定した法人運営を進めます。
(5) 信頼され喜ばれる介護保険・障害者自立支援事業を提供します。









サイト名: たつの市社会福祉協議会   http://tatsuno.sakura.ne.jp
この記事のURL:   http://tatsuno.sakura.ne.jp/modules/syakyo0/index.php?id=1